引っ越し先は子育てに向いてる?隣人トラブルがないか近所にバレずに調べる方法

家族の仕事の都合やマイホームの購入などなど。

転居を伴う新たな生活が始まるのって、引っ越しは大変だけどワクワクするものがありますよね。

しかし、小さなお子さんのいる家庭で不安になるのが、引っ越し先の土地柄問題。

「小さい子どもが他にも近所にいるのかな?」

「子どもの声や遊びに関して寛容な人たちが住んでいればいいんだけど…。」

「変質者や不審者の情報はあるのかしら?」

こういった引っ越し先の土地柄や人間関係に関する不安や心配事って、とくに小さなお子さんのいる家庭では尽きません

しかし、自分たちで調べていることがバレれば、引っ越し後になんとなく住みにくくなりそうで嫌ですよね。

そこでこの記事では、引っ越し先が子育てに寛容な土地柄なのかをバレずに調査してもらう方法をご紹介します。

\ しつこい営業なし! /

近所にバレずに調べる方法

隣人・近隣トラブル予防調査ならトナリスク

引っ越し先は子育てに向いてる?隣人トラブルがないか近所にバレずに調べる方法

引っ越し先は子育てに向いてる?隣人トラブルがないか近所にバレずに調べる方法

引っ越し先が子育てに寛容な土地柄なのか近所にバレずに調べる方法は「トナリスク」を利用することです。

探偵に依頼するという方法もありますが、費用が30~50万円かかるのでおすすめできません

また、自分で調査できないこともないですが、やはり怖いのが調べていることが引っ越し先の地域でバレること

調べられる側の身になれば、気持ちのいいものではありませんよね。

子育てだけでなく、近隣の人間関係や騒音トラブル、不審者情報や地域ルールなど、これから長く住むのであれば知っておきたい情報です。

5人に1人以上が引っ越し後の隣人・近隣トラブルに悩んだ経験があるというデータもあります。

新築・中古住宅の購入前や引っ越し先を決定する前に、トナリスクで近隣トラブルを予防しましょう。

トナリスクの詳細はこちら

引っ越し前に隣人・近隣トラブルを調べておくべき5つの理由

引っ越し前に隣人・近隣トラブルを調べておくべき5つの理由
  • どうしてそこの物件は空いているのか
  • 不動産屋が把握しにくい地域ルール
  • 不審者や空き巣から家族を守る
  • 騒音トラブルの加害者になることも
  • 5人に1人以上の人が悩む近隣トラブル

一戸建てやマンションなどを購入したり、仕事の都合などで住居が変わるとき、引っ越し先の環境って気にしていますか?

「引っ越し先が住みやすいところだといいなぁ」

この程度しか気にしていない人が実際には多く、引っ越し後にストレスを抱えたまま生活しなければならないケースも珍しくありません。

ここでは引っ越し前に隣人・近隣トラブルを調べておくべき5つの理由について紹介しています。

大切な家族、お子さんの新しい生活を守るためにも、事前の調査を強くおすすめします。

どうしてそこの物件は空いているのか

どうしてそこの物件は空いているのか

スーパーが近い、学校が近い、駅が近いなど、生活していく上で立地条件がいいに越したことはありません。

しかし、よく考えるとそんな好立地な物件が空いてるのは不思議ともいえます。

「前の家主さんが急な転勤にでもなったのかな?」

と考えるのがふつうですが、近隣・隣人トラブルにより引っ越しを選択した可能性もあります。

近所にそもそも子どもが嫌いな大人が住んでいると、騒ぐ声や鳴き声にイライラされることも…。

子どもが攻撃対象になることはなんとしても避けたいところ。

引っ越し先が子どもの住みやすい所なのかは把握しておきたいですね。

不動産屋が把握しにくい地域ルール

不動産屋が把握しにくい地域ルール

不動産屋が把握しにくい、もしくは知っていても話しにくいのが特殊な地域ルールの存在。

「新居者は地域の方と早くなじむために、さまざまな当番や集会に参加しなければならない」

言ってることはわかるんですが、これが強制となると話は別です。

新居者はただでさえ、新しい環境に慣れるまでストレスを抱えがち。

生活のリズムが整わない間は、集会などの時間に間に合わないことも多いはずです。

親の不参加が目立つと、お子さんが同年代の子どもからよくない話をされることも…。

地域の集会への参加や新居者の勤務時間の理解度など、どのくらい寛容なのかは知っておくに越したことはありません。

不審者や空き巣から子どもや家族を守る

不審者や空き巣から子どもや家族を守る

不審者や空き巣など、一歩間違えれな子どもの身の危険にもつながる情報は必ず知っておきたいところです。

しかし、引っ越し後に知ることになるケースが意外と多いのも事実

「公開されている物件だから、危ない地域なはずはない」と思い込んでいませんか?

つきまといや徘徊者、空き巣情報は調べておくに越したことはありません。

とくに登下校時に一人で帰るような地域や、女性の帰宅時間が遅い家庭は要注意です。

騒音トラブルの加害者になることも

騒音トラブルの加害者になることも

引っ越し後に近隣の騒音トラブルにあうという話はよく聞くケースです。

しかし、お子さんがまだ小さい家庭では深夜の鳴き声や、ご両親の怒る声などが「騒音」と捉えられることも。

子育てを経験中の人であれば理解はあるものの、独身者や高齢の方の多い地域では残念ながら理解されないことも多々あります。

幼いお子さんに声をひそめるように話すことはとても心苦しいこと。

また、怒る声を気にするのは両親にとってもストレスにつながります。

引っ越し先が子育てをのびのびとできる環境かどうかは、重要な要素ではないでしょうか。

5人に1人以上の人が悩む近隣トラブル

5人に1人以上の人が悩む近隣トラブル

公式サイトにも掲載されている調査結果ですが、2割以上の人が隣人・近隣トラブルに巻き込まれているんです。

しかも、隣人・近隣トラブルは一度起こってしまうと、なかなか解決できない側面があります。

そんなトラブルに子どもを巻き込むことだけはしたくないですよね。

新築や中古の一戸建てやマンションを購入を検討しているのであれば、隣人・近隣トラブルの事前調査は必須です。

物件の良し悪し以外にも、子どもや家族が安心して長く住める環境を見定めましょう。

トナリスクを利用する安心の3つのメリットを紹介!

トナリスクを利用する安心の3つのメリットを紹介!
  • 引っ越し予定先の隣人・近隣トラブルを予防、回避することができる
  • 引っ越し先の近隣の方に調査したことがバレない
  • 探偵に直接頼むより最大9割も割安で依頼できる

実際のところ、トナリスクって安心して利用できるの?

というところが気になるあなたにトナリスクを利用する3つのメリットを紹介します。

引っ越し予定先の隣人・近隣トラブルを予防、回避することができる

隣人・近隣トラブルは解決できないことが多いので、起こってからでは手遅れなんです。

そのため、引っ越し先の人間関係やどんな傾向の人が住んでいるのかを事前に知ることができるのは大きなメリットです。

物件の購入や引っ越しが決定してなければ、再検討することでトラブルの回避につなげることもできますよね。

新しい生活環境で子育てをしていくことになる家庭では、精神的な負担を作らないようにするのは大切なこと。

トナリスクを利用して、よりよい生活環境を探すようにしましょう。

引っ越し先の近隣の方に調査したことがバレない

最もよくご懸念いただく質問の一つですが、相手に調査が伝わったことは現状一度もございません。聞き込み調査といっても、警察のように根掘り葉掘り不躾に質問するわけではなく、自然な設定を通じて会話を行う中で隣人の方の状況や人となりを知るものとなります。調査対象の方が不快・不信に思うような聞き込みを行うわけではないため、ご安心ください。

公式サイトより引用

引っ越し先の近所の人に調査していたことがバレると、住みづらくなりますよね。

トナリスクでは調査の中で、聞き込みをしていることが相手に伝わってしまったことは今まで一度もありません。

そのため、近隣情報を持っているあなたなら、引っ越し後のスムーズな人間関係の構築も可能になりますよね。

どんな人が住んでいるのか知っているのと知らないのとでは、新生活のスタートがまったく違うものになります。

一戸建てやマンションを購入する方は、あらかじめ近隣情報を持つことの重要さを知っておくべきです。

探偵に直接頼むより最大9割も割安で依頼できる

トナリスクの「おまかせコース」は55,000円(税込)~※となっています。

「けっこう高いよね…」とおもう人もいるでしょう。

じつは従来の探偵会社に依頼すると、相場は30~50万円もかかるんです。

これは浮気調査のような他の調査案件と同等の時間単価扱いとなるため、高額になってしまうんですね。

トナリスクはそういったシステムではないため、費用を安く抑えることができます。

これから一生を過ごすことになるかもしれない土地柄の調査を従来の半額以下、最大で9割も安くできるのなら、決して高い費用ではありません。

※調査内容により料金は異なります。

トナリスクを利用するときに気をつけたいポイントは?

トナリスクを利用するときに気をつけたいポイントは?

トナリスクは最短で翌日に報告できるという強みがあります。

しかし、期間が短ければ費用は安くなっても、調査内容には限界があります。

しっかりとした調査内容を入手するためには、ある程度の期間と費用が必要となることを理解しておきましょう。

あなたが知りたい調査内容は、どのくらいの期間や費用でできるのか、まずは無料相談を利用してみることをおすすめします。

まずは30分無料相談を利用してみる

トナリスクの依頼方法は簡単にできる?

トナリスクの依頼方法は簡単にできる?
  • まずは公式サイトから30分無料相談を申し込む
  • 相談は「電話」または「Zoom(オンライン会議)」で対応
  • 30分無料相談の最後にトナリスクのサービスを紹介される
  • 公式サイト内の「お問い合わせフォーム」からの申請もOK
  • 急ぎの場合は電話(0120-961-354)にて 24時間受付
  • 支店のあるエリアなら来店して相談も可

トナリスクへの依頼方法は公式サイトの「30分無料相談」または「お問い合わせ」で申請できます。

聞き込み調査を初めて依頼する人がほとんどだと思われますので、まずは無料相談を利用したほうがいいでしょう

どんなことを調査してほしいのか、引っ越し後のどんなことが不安なのかなどをリストアップしておくとスムーズに相談できます。

解決するための期間や費用について納得できるようであれば、契約して調査を実行してもらうことになります。

一生を過ごすことになるかもしれない地域のことなので、できるならちゃんと調査してもらっておきたいですね。

トナリスクの支払い方法は?

トナリスクの支払い方法は?
  • クレジットカード
  • 銀行振込

トナリスクの支払い方法は「クレジットカード」または「銀行振込」となっています。

対応しているカード会社は、VISA・マスターカード・AMEX・JCB・ダイナース・DISCOVERの6ブランドです。

あなたの支払いやすい方法を選択して利用しましょう。

トナリスクの調査対応エリアは?

トナリスクの調査対象エリアは?
  • 関東エリア
    東京都全域、神奈川県全域、埼玉県全域、千葉県全域
  • 東海エリア
    愛知県全域
  • 関西エリア
    大阪府全域
  • 他地域でも出張費をいただくことで全国調査可能

トナリスクの対応エリアは現在、上記のエリアになっています。

対応エリア外でも出張費を支払うことで、全国調査可能になります。

出張費や調査にかかる期間、費用に関しては直接、トナリスクに相談してみましょう。

まとめ:引越し先で安心して子育てをするためにもトナリスクで事前調査をしておこう

新築・中古問わず、マイホームやマンションの購入は一生もののかなり大きな買い物になります。

まだお子さんが小さい家庭であれば、これから成長し、巣立つまで過ごすことになる大事な場所となることでしょう。

そんな場所を近隣・隣人トラブルで台無しにしてしまうのは避けたいですよね。

不動産屋からの情報だけで決めてしまうのはとても危険な賭けです。

新居の購入を決定する前にそんなトラブルから家族を守るため、まずはトナリスクで無料相談してみましょう。

\ しつこい営業なし! /

早速トナリスクに相談してみる

公式サイトの口コミはとっても参考になるよ♪

運営者情報 >